ミドルカット

ムエタイキックは、スネで蹴る

ムエタイ・キックボクシングのキックは、スネで蹴っていることはご存じだろうか。
(足の甲や足底(中足)、つま先、足刀で蹴るのではない。)

そして、そのミドルキックが来たときの防御のひとつに、カットというのがある。
上半身の構えはそのままに、
相手の蹴ってきたスネに対して、
膝を上げて、自分のスネを壁にして、迎えるのだ!

意外と、攻撃した(蹴った)側の方が、
蹴られる(カットしている)側より、がダメージを受ける時が多い。

全力でミドルを蹴って、カットされてスネが骨折した選手を何人か見ている。
(海外の映像で。)
僕もそれに近い自爆経験がある。(蹴ってる側が負傷するのであるから自爆?)
ミドルはいきなり全力で蹴ってはいけない。

体が温まり、相手のカットの技量が見えるまでは、
全力キックは危険である!
と僕の辞書には書いてある。

そんなミドルキックをカットする5歳児の練習だ!

この日、初めてレッグサポーターを装着しての練習。

戦隊ヒーローのようなカッコよさも覚えて、ウキウキしてる感がある。

楽しみながら、練習すると覚えが早いね。

(合同レッスンではなく、自主トレ枠のひとコマより)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 × three =