基本稽古の大事さ

チャーンスタイルでのムエタイ初級クラスのレッスンの流れはこうだ。

===
挨拶
準備体操
基本稽古(ジャブ、ストレート、ミドルキック等)
ミット
受け返し
整理体操
挨拶
掃除
(補強運動(各位で筋トレ))
===

shadowbox_214

基本稽古では、
構え方の注意点、
パンチ・キックを出すときにしてしまいがちな悪い癖の注意、
余計な力を使わずスピードと重さが乗る正しいフォームを説明しながら手本を示す。

しかし、もう何か月も通ってくれている生徒ばかりの場合、
説明過多はよくないなと思い、
また、その後の楽しい受け返しの時間を長く取ってあげたいとの思いからも、
簡単な説明だけで各位にシャドーをしてもらう構成にすることがある。
(各位がシャドーをしているところに、気になったところ(良い点/悪い点)を注意してまわる。)

しかし、基本稽古をシャドーに変えた場合、
2,3年の経験を積んで自身でフォームチェックができるレベルに達していない者は、

基本稽古の次のミット打ちで、
各自の持つ悪い癖がとたんに出てしまう。

例えば、
パンチ/キック時にガードが下がったり、
腰の回転と連動していない手打ちパンチ。
ミドルキック時に上体が後傾している、軸足のヒザが伸びていない、かかと(体)をまわせない等だ。

毎回、同じことを耳にタコができるくらい聞かされることになると思うが、
ちゃんと基本稽古のときに、注意しながら説明してあげないと、
こちらがもう覚えられている思っていた型でも簡単に崩壊させてしまう者が出てくる。

合同レッスンでは、
皆が同じレベルではないので、
どこかのレベルに合わせて指導しなくてはならないのだが、
毎回、同じことの繰り返しで飽きてしまいがちな基本稽古ではあるが、
やはり、ここには上達するための大事なものが詰まっているので、
初心者のうちは避けて通れない!

いや、上級者程、基本を大事にするんだなこれが。

ま、今日はシャドーをしてもらうのは、
2級レベルに達した者たちからだなと、改めて思ったのでした。

20141004160101927

皆さん、
基本は面白くないですが、
これをしっかりやった者だけが
その先のもっと楽しいものに出会えるのです。

つきなみなことばしか出てこないですが、
”頑張っていきましょう!”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × four =