キッズは瞑想がお好き!

黙想したい!

キッズクラスに間に合わず、
その後の自主トレーニングの時間枠から参加した小1キッズ、

クラスの時間は、合同で同じメニューをこなす、
クラスのない時間帯は、自主トレとして、
ミットをもってもらったり、サンドバッグを使ったり、鏡の前で基本を復習したり、
補強運動したりと、各自やりたいトレーニングをする時間帯となる。
(インストラクターが練習の仕方などを補助します。)

この小1キッズには、
早速、基礎運動などをみてあげて、
構えやパンチ、キックの基本を教えてあげようとしたところ、

「黙想やりたい!」 と主張したのだ。

まだ合同レッスンと自主トレ枠があること、そしてその違いを理解していないのだろう。

合同レッスンでは、礼にはじまり、礼に終わる。
正座し、黙想をし、正面、先生、お互いに礼をするのだ。

しかし、彼は今日挨拶・黙想をしていないことに気づいたのか、
黙想やりたい!という気持ちになったのだ。

私は、嬉しかった!

学童ホールでも瞑想ブームが起きた!

この子は、少し落ち着きがなく、
また、率先して練習に励むというタイプではなかったからだ。
入門してまだ、1か月も経っていない。
しかし、入門時と比べて、
確実に、心は落ち着いているし、
体のバランスも目に見えてよくなっている。

他の学童ホールでも、
タイヨガ・瞑想教室を受け持っているが、
こちらでも、こども達の間で瞑想をすることがブームになっているそうな。

girls-481261_1280

目を瞑って、静かに、深い呼吸をする。
こども達は、これの何に魅力を感じているのだろうか?

瞑想は、記憶力や免疫力を上げるという報告もある。

落ち着いた状態で判断したことは、
後悔する結果になることは少ないだろう。

前向きで幸せを感じる人生は、
平静な状態で、ワクワクする選択をし、
そして行動することの繰り返しだと思っている。

キッズたちよ、その調子で育っておくれ!(^_^)

ワクワクする方を選択せよ!

いつでも、心を平静に保てれば、
良いコンディションが維持できる!

あなたが、笑顔になれば、
周りにも笑顔が咲く。

思いやりを持つことができるようになるには、
まず自分自身が満たされていなければいけない。

自分の心が荒れている状態では、
相手の気持ち・想いまで気を配れない。

だから、周りを幸せにしたければ、
まず、自分がいつも笑顔でいなければならない。
満たされていなければならない。

これは、お金を持つことと混同しがちだが、
心の満たし方は、別の機会に話すとしよう。

では、今夕も学童へのマインドフルネス提供に行ってきます!