ひろとーちゃんの詳しいプロフィール

プロフィール
高校生一年生15歳のときに、ブレイクダンスを始めました。これからも踊りで知り合った方達と、楽しい時間を過ごして行きたいと思っています。どうぞよろしくお願いします!
もしよかったら、以下わたしのプロフィールをご覧ください!

>ブレイクダンスとの出会い
1967年生まれ 、北海道函館市出身。
1983年(当時15歳)
•映画BREAK DANCE 、WILD STYLEを見て、ブレイクダンスを始める。
1985年 •高校三年生の時、地元のディスコでのブレイクダンスコンテストで予選1位、グランプリ大会2位を受賞。当時函館でウィンドミルができる人は私入れて2人しかいなかった。

>東京でブレイクダンスを習い始める
1986年 就職のため上京
1989年
•せっかく東京に出てきたんだからちゃんとスクールで習おうと思い立ち、原宿ダンスアカデミー入会。
ここで、今の奥さんに出会う。彼女と同じダンスチームに入り都内のディスコでダンスイベントを10回ほど経験。一日2回ステージで15,000円もらった時は、脱サラしてダンサーとしてやっていけるんじゃないか?と一瞬思ったが己の力量を見つめ直し踏み止まった。(笑)
1992年 •結婚。
•会社員として、ブレイクダンスを続けることはできないだろうと判断。本物を知ってからやめようと決意。
•LockingはOHJIさん(当時、鶯谷のダンシングウェーブキャロル), PoppingはOZさん(当時の恵比寿WING), BreakingはTOSHIOさん(当時渋谷のソニーの社員向けフィットネススタジオ)それぞれのスタジオに夫婦で習い始める。この時かみさんは、OHJIさんから、「ブレイかーちゃん」というストリートネームをつけてもらいました。(笑)

>韓国駐在とひろとーちゃん
1994年〜2001年
仕事で韓国駐在。
モーレツに韓国語を勉強する。
1999年ある日、韓国人ダンサーが練習するスタジオを聞きつけ行ってみた。
ダンサー層が若く、高校生や中学生に交じって練習を始める。この時、現地ダンス情報誌「STREET DANCE」の存在を知る。
翻訳して日本人ダンサーに紹介したらおもしろいだろうなと考え、見よう見まねで、ホームページ「ブレイキングで健康家族」を作成開設。当時ネット社会ではヒロシという名前が多かったので、かぶらないように、自分のハンドルネームを、ひろとーちゃんと名付けた。
そんな時、CB CREW(CRAZY BBOY CREW)というチームに入れてもらって韓国でダンスイベントに参加。しかしチームメイトとの年齢差は15歳以上あった。今思えば子供の中にお父さんがいる感じだったと思う。
当時32歳。そんな年齢でブレイクダンスをしている人は韓国にいなかったので珍しがられテレビに2回出る。

韓国ダンスシーン内でちょっと有名になり、爆発的に韓国人ダンサーと知りあう。当時では、EXPRESSION CREW、RIVERS CREW、GAMBLER、TIP CREW、GORILLA CREWが代表格だった。

>韓国語通訳ケアスタッフ
2001年帰国〜現在
2001年に駐在を終え日本に帰国。
2001年TOKYO DANCE DELIGHTでEXPRESSION CREWが来日した際、通訳スタッフを担当させていただく。
以来、Battle Of The Year、Be B-BOY、UK BBOY Championship、FreeStyleSession、WORLD DANCE COLOSSEUM 、POP LOCK BOXの通訳スタッフを経験。
そして、2015年には、初めてディファ有明で開催された格闘技興行(LOK 「Legend Of Kickboxing」)の韓国人選手の担当をさせて頂いた。

>オヤジブレイカーズとの出会い
2004年クラブチッタで通訳をしていたときに、さとちんさんに声をかけて頂き、オヤジブレイカーズに入る。
少年チャンプル収録同行や、渋谷CLUB ASIAでのパフォーマンスを経験。
現在に至る。

>キックボクシング
2007年始める。
ブレイキンバトルで戦うときの精神力を鍛えるため。そして、ストレス発散のために始めた。相手と戦う格闘技だが、お互い一緒に強くなろうという気持ちを持って練習やスパーリングをするのだということを教わり、戦うことの面白さを覚える。2008年からアマチュア試合に参加。家族は、「殴られているのを見たくない」との理由で応援にはきてくれないが、減量時のお弁当食は作ってくれ協力体制ではある。試合階級はフェザー級58kg、戦績5戦3勝2敗。
2015年6月、一念奮起して、キックボクシングのインストラクターになることを決意。一ヶ月の研修後、試験合格。2015年7月からクラスを受け持つ。

>2015年現在
オヤジブレイカーズの活動をしながら、時々バトルイベントに参戦しています。
若い時は、ブレイクダンスはずっと続けられる踊りではないと思っていたんですが、やめなくて本当によかったです!
ブレイクダンスを通じて知り合った人たちとこれからも楽しい時間を、たくさん過ごせたらいいなと思っています。
皆さん、どうぞよろしくお願いします!
(^_^) { fresh ! }