基本稽古の大事さ

チャーンスタイルでのムエタイ初級クラスのレッスンの流れはこうだ。

===
挨拶
準備体操
基本稽古(ジャブ、ストレート、ミドルキック等)
ミット
受け返し
整理体操
挨拶
掃除
(補強運動(各位で筋トレ))
===

shadowbox_214

基本稽古では、
構え方の注意点、
パンチ・キックを出すときにしてしまいがちな悪い癖の注意、
余計な力を使わずスピードと重さが乗る正しいフォームを説明しながら手本を示す。

しかし、もう何か月も通ってくれている生徒ばかりの場合、
説明過多はよくないなと思い、
また、その後の楽しい受け返しの時間を長く取ってあげたいとの思いからも、
簡単な説明だけで各位にシャドーをしてもらう構成にすることがある。
(各位がシャドーをしているところに、気になったところ(良い点/悪い点)を注意してまわる。)

しかし、基本稽古をシャドーに変えた場合、
2,3年の経験を積んで自身でフォームチェックができるレベルに達していない者は、

基本稽古の次のミット打ちで、
各自の持つ悪い癖がとたんに出てしまう。

例えば、
パンチ/キック時にガードが下がったり、
腰の回転と連動していない手打ちパンチ。
ミドルキック時に上体が後傾している、軸足のヒザが伸びていない、かかと(体)をまわせない等だ。

毎回、同じことを耳にタコができるくらい聞かされることになると思うが、
ちゃんと基本稽古のときに、注意しながら説明してあげないと、
こちらがもう覚えられている思っていた型でも簡単に崩壊させてしまう者が出てくる。

合同レッスンでは、
皆が同じレベルではないので、
どこかのレベルに合わせて指導しなくてはならないのだが、
毎回、同じことの繰り返しで飽きてしまいがちな基本稽古ではあるが、
やはり、ここには上達するための大事なものが詰まっているので、
初心者のうちは避けて通れない!

いや、上級者程、基本を大事にするんだなこれが。

ま、今日はシャドーをしてもらうのは、
2級レベルに達した者たちからだなと、改めて思ったのでした。

20141004160101927

皆さん、
基本は面白くないですが、
これをしっかりやった者だけが
その先のもっと楽しいものに出会えるのです。

つきなみなことばしか出てこないですが、
”頑張っていきましょう!”

この夏、ダイエットする!

ガマンするな!

この夏、ダイエットする!

と入会してくださる方も増えています。

belly-2473_1280

そこで、目標達成のためのTIPSを少し。

運動系の習い事は、

今日はしんどんなー、
めんどくさいなー、
飲みに行きたいなー

とかジムへ行くことに気が重くなることも
しばしばかと思います。

でも、頑張って重い足を引きずって来てみたら、
いい汗をかけて、
爽快になって、
やっぱり来てよかった!と思って帰ってることでしょう。

しかし、ガマンして通う思考になっていると、、、
いずれ負けます。

入会当時は、こういう自分になりたい!と思って、
目をランランとさせていたにも関わらず、
通うのが億劫になってフェードアウトしていくパターンに陥ります。

何事もガマンすると反動が来ます。
ダイエットの食事制限もそうです。
対人関係でのメンタルなことでもそうです。

ワクワクする未来を想像して

ジムへ行かないと!
ダイエットしないと!
という考えと戦うのではなく、

(例えば)スリムな身体になったら、
ワンサイズ小さいあのかわいい服を着て
みんなにかわいいねって言ってもらっている
嬉し楽しい未来を想像してみてください。

彼氏、旦那さま、子どもに、
きれいになったね。
素敵だね。
って言われているところを想像してみて下さい。

体重が15キロ減って、駅の階段も息切れすることなく駆け上がれる優越感

新たなスポーツなどの趣味で仲間が増え、
これまでの生活になかった楽しいイベントに顔を出している自分

会社で同僚に、どうやって痩せたの!!
って聞かれまくっている自分

姿勢よくモデルのようないでたちに、
街を歩いていたら振り返られる

着たい服が全部似合う自分

何事も前向き取り組んでいつも笑顔の自分

関わるすべての人が幸せそうな顔で私に近寄ってくる

ご自身のワクワクすることって何ですか?

『毎日、なりたい自分を妄想してください。』
イメージしてください。

それだけで、入会した動機を忘れずに
続けられ目標達成に近づけることができます。

もう一度いいます。
続けるコツは、ガマンと戦うのではなく、
ワクワクする未来を想像することです!

では、これからも目標達成のために頑張っていきましょう。
あなたのメンタルコーチ
てっぺい

”「熱い風呂で疲れが取れる」という通説のウソ” について

こんな記事を読んだ。

熱い風呂では疲れは取れない、
逆に体力を消耗して、疲れてぐっすり眠ったに過ぎないと。

(当該記事)
『「熱い風呂で疲れが取れる」という通説のウソ』
http://toyokeizai.net/articles/-/75545

これには、私、個人の経験からは納得いかない。
アラフォーなので、入浴経験はたくさんある。

半身浴をして次の日に健康な身体を感じたことはないかもしれない。

やはり、熱めの湯船に肩までしっかり使った方が、
断然、翌日の体はリフレッシュしている。

但し、お風呂に入ってかえって疲れたという経験も何回かある。
それは、キックボクサー時代の試合前の減量中のピーク時、
ハードワークで疲労困ぱいしている時のお風呂である。
人生最高の疲労のピークだった時だ。
しかし、今思えば、疲労というより栄養が足りていなかったのかもしれないとも思う。

試合前ではなく食事制限もしていない、
通常時であれば、ハードワーク後でも熱いお風呂に浸かりたかったし、
その方が翌日の体はシャープに動いてくれた。

なので、今の私には熱いお風呂が疲れを取ってくれて、
風呂上りは爽快に感じることは揺るぎない。
(それは気分だけで物理的には身体はダメージを受けていると言われるのだろうな)

「熱いお風呂に入ると疲れるだけ」というのがあっているとしたら、
私の感覚でRPG的にいうなればこうだ。

HPがMAX100で、85の状態にある時に、
熱いお風呂に入った直後はHP80になるが、
風呂上りに急速にMAX100に回復する。

HPが10しかない疲れている人/高齢者などが、
熱いお風呂に入るとHPが5になる。
瀕死状態だ! 瀕死状態から回復するのは時間がかかりそうだ。

みたいな。

翌日のリフレッシュに繋がるかという見方をすると、
睡眠等の効果も含めて考えないといけないだろう。

また、私は子どもの頃から銭湯育ちだ。
通っていた銭湯のお湯は熱い方だった。
熱いお風呂で疲れがとれる体に調整されているのかもしれない。
(素人の根拠のない意見です。)

こう言ってしまえば、身も蓋もないが、
人それぞれということもあるだろう。

同じ辛い料理を食べる場合でも、
辛くて食べれないという人もいれば、
ぜんぜん平気という人もいる。

その時の疲労度、
栄養摂取状況、体調、体質、
お風呂の温度、浸かっている時間、外気温、湿度、
睡眠の取り方、睡眠時間、
風呂中/風呂上りの行動(ストレッチ有無、水分補給)、
血行/リンパの流れ具合、
気持ち(ストレス状況)、、、

いろんな条件が疲れに作用するのだから、
入浴タイムだけを切り取って「熱い風呂は疲れるだけ」とするのは
偏ったリフレッシュ方法が蔓延しそうで踊らされないようにしないと、
と懸念してしまう。

参考
『ほとんど効果ナシ!半身浴は「時間のムダ」という衝撃の事実が判明』
http://irorio.jp/natsukirio/20150609/235667/

しつけの会話術

ただいま!

car-369825_1280

以下のエピソードで泣けてしまう、私。

=======
学校からの帰りが遅くなると、ときどき迎えに来てほしいと電話をかけてくる娘。
畦道を車で10分も行けば、学校につく。

電気の消えた校舎の前で娘は待っている。

娘は「ありがとう」と言って車に乗りこみ、今日の出来事を話し始める。

ある日、いつもの通り迎えにいくと、
「ただいま」と言って車に乗りこんできた。

私は妙に感動した。

子どもにとって、親のいる場が「ただいま」なんだ。

子どもが帰ってくるのは家ではなく、親のいるところなんだ。
だから車であっても「ただいま」なんだ。

「今『ただいま』って言ったよね。あなたにとって、私がいるところが『ただいま』なんだね。なんだかうれしいね」

そう言葉にして伝えると、「ほんとだね」と娘。それ以来、娘は必ず「ただいま」といって車に乗りこんでくる。そのたびに、私はこの子の親なんだと喜びを感じる。
=========
(子どもの心のコーチング/菅原裕子/PHP文庫 を読んで創作。)

さて、
カウンセラーとして、この親の言葉のいいところに注目したくなったので述べておこう。

しつけに効くこどもとの話し方

先のエピソードの親の言葉の紡ぎ方が実になっている。

これはカウンセラーや好感をもたれる人の常套の会話術で、
このように言われた者は喜んでやってしまう魔法の言葉かけになっているのだ。

しつけにも大変有効なので、しつけになぞらえて、注目点を挙げよう。

①やってほしいこと(ポジティブな事、親の体裁ではない、子どもの成長を思ったもの)を具体的に言葉にする

②やれたときに、具体的に何ができたから、(私は) 嬉しい と気持ちを伝える

③子どもは、嬉しいといってもらえたことに対して進んで行動を起こすようになる

※ここで注意点がひとつある。上記②は褒めるのではないということだ。
褒めて育てると、褒められる為に行動するようになる。
そうなると、褒められなければ、やらない子になる懸念がある。

これはご褒美をあげて、育てるのも同じことだ!
ご褒美がなければ、やらない子になってしまっては悲しすぎますね。

ビジネスにも使えます

子育て然り、人を動かすのも、

具体的な説明と
気持ちを伝えること

をすると、いいでっせ!

心のコントロールを学ぶ機会がないからやん!

心を扱うプロの先生から、
運動を通じて教わることは、その子の人生で大きなアドバンテージになる!

折れない心をもち、
幸せを感じる術を身につけるのだから。

そんな子ども達がリーダーになったチームは、
生産性が向上した中、いつも笑顔があり、
やりたい事をする時間も確保できる。

私の唯一の後悔は、
もっと早く(子どもの頃に)良い先生に出会えて、
心をコントロールする術を知っていれば、
頑張り過ぎて、怪我や病気にならず、
夢を諦める悔しい思いをすることが無かったのではと思うことだ。

しかし、悔しい思いをしたから、
今があるとも言える!
そんな話を、日頃のムエタイレッスンの中だけでなく、
座学としてスポットセミナーも開講しようと思います。

・保護者向け子育てコーチングセミナー  や、
・子ども向けの心のセミナー  も考察中!

http://ameblo.jp/cocoro-muaythai/entry-12032042503.html

 

メンタルコーチ てっぺい

FBprof200x222

必ず有利になる方法

最後は自分で終われ!

martial-arts-291049_1280
これを教わったのはいつだったか。

練習生の頃だったか、
内弟子の頃だったか、

誰に言われたのか覚えていないが、
おそらく、
元全日本バンタム級王者の貝沼先輩か、
タイ人トレーナーのピー・チャーンだっただろう。

本日のムエタイ初級クラスを指導しているときに、
ふと思い出したのだ。

・蹴られたら、蹴り返す! (必ず自分が最後に蹴って終わる。)
・1発蹴られたら、2発返す!(倍返しだ!)
・自分から攻める!

スパーリング、試合において、いつもこのマインドがあった。

これができれば、基本、判定では負けない!
それを実行すればいいだけやん!と思うだけでプレッシャーが和らいだもんだ。

言葉や考え方ひとつで、
負けない気にさせることができるのだ!

このマインドを、初心者の皆さまに贈ろう!

メンタルコーチ

こういうメンタル操作を意識的に行って、
良いコンディションを作り、
勝利を導く支援をしてくれるのが、メンタルコーチという存在だ。

僕は引退後、メンタルの勉強を重ねてきた。
アスリートから経営者まで、このスキルを使って支援できる。

今後は、そちらに門戸を開いて、
スポーツにビジネスに勝利奪取に加速する支援を致します!

しかし、直近は、頑張るママと子ども達への心と身体の支援に力を注ぎますので、
メンタルコーチの話は、まだ流れに任せるとする。

さあ、保護者向け子育てコーチングのコンテンツをまとめねば!

 

子どもたちに自転車の乗り方教えないと! =6/1 道路交通法改正=

【親のみなさん、お子様に教えないと!!!】
6/1より、自転車も青切符が切られるようですね。
こども達でも容赦なく切られるようになるやもしれません!

おそらく、多くの方の自転車の乗り方は、
青切符を切られる行為をしてしまっているでしょう。
==例==
・道路の左側を通行しなくてはならない(右側通行は一発アウトです)

・歩道がある道路では、原則車道を走らなくてはならない。止むを得ず歩道を通行する場合は、徐行しなくてはならない

・歩道がない道路の路側帯(道路の端に引かれた白線)で歩行者の通行を妨害してはならない

・スピード違反(道路の標識より遅い速度でも、歩行者に危険な状況があれば摘発の対象となります)

・一時停止の標識(止まれ)では、一旦止まって足を地面につけなくてはならない

・一方通行路で「自転車は除く」という条件がついていない場合は、逆走してはならない

・携帯電話やイヤホンで音楽を聞く等のいわゆる「ながら運転」

などなど
====
お子様に乗り方を教えないといけませんね!
ご自身もご注意ください!

保険なんかも考えたりせなあかんのかな?