スネが痛くなってきた方へ

スネが痛くなってきた方へ

おめでとうございます!

まず、入門して痛みを感じる場面としてよくあるのが、

ミドルキックの練習で、
足の皮(母指球のところ)がめくれてくることですね。

こちらは何回かめくれることを経験すれば、
もうめくれなくなってきます。

次に、硬いサンドバックを蹴ったときや、
受け返しで蹴りをカットした際に覚えるスネの痛みですね。

elephant-foot-52536_960_720
今回は、
このスネの話しを少ししましょう。

始めは我慢です!

まず、覚えてほしいのは、
スネを何も鍛えたことがない人が、
スネで蹴る、受けるということをすると痛いもんです。

始めは我慢するしかないです。

青アザができることもあるでしょう。
はじめは赤く内出血にみえるところから、
青く、黒くなってくるでしょう。

黄色味がかってみえる場合もあるかもしれません。

そうなっても、慌てなくて大丈夫です。

皆、通るみちです。

プロやそれなりにスネを酷使している選手などは、
スネがねんど状になっていて、
指で押すと、ゆびのカタチに陥没して戻ってきません。

あ、この言い方は誤解がでますね。
数秒かけてゆっくり元に戻ってきます。

そして、当人は痛いのかというと、あまり痛みを感じません。

スネに陥没を作って遊んでしまうこともしばしばです。(^_^)

以上のようなことを踏まえ、
始めは

スネは痛いもの、
我慢が必要なもの、
内出血で黒くなってもびっくりしなくてよいもの、
ねんど状になってもびっくりしなくてよいもの、

と、捉えて練習を続けてくださいね。

我慢の先は、バットも折れる鋼のスネに!

そうすると、

・痛みに慣れてき、
・スネの骨が固くなってきて、
・また、スネの前の筋肉(前脛骨筋)が発達してくる

相乗効果を得る日がやって来ます!

1年~3年もすれば、
スネを金属バット宜しく、振り回せることが、
痛みのリミッターが解除される日がやって来ます!

最後に念のため言っておきますが、
無理は禁物です。
怪我をして練習できなくなってしまっては元も子もないので、
ひどくならないようにセーブしながら練習してください。

ビール瓶をスネの上で転がす、叩くといったことは
よくやられていますが、痛すぎると思う人は、
もっと柔らかいものから始めてくださいね。

自己判断が難しい場合は、
経験のあるインストラクター、先生に相談してくださいね。
参考まで、以下、格クリさんの記事を紹介いたします。

「脛」を強力な武器に変える by 格闘技クリニック

では。

3月昇級審査会のお知らせ

3月 昇級審査会の申込書

昇級審査会の申込書です。
受審される方は、最寄りスタジオにご提出ください。

※本年度より、ムエタイスキル認定機関は、
 「日本泰ボクシング健康協会」様となります。

 審査内容はこれまでと変わりません。
 今後、審査内容の改訂が行われることはあります。

審査申込書

日々研鑽してきた技のレベルが確認できる機会です。
各人の目標達成に向けて頑張って下さい。

仕事もプライベートも充実し、
益々の心と身体の健康を手に入れて参りましょう。

※今回は、各スタジオでレッスン内に審査致します。
審査を受けない方もいつも同様にレッスン参加下さい。
新宿:3/17(木)
武蔵新城:3/19(土)

参考: 審査内容
昇級審査内容

[本年の昇級審査会実施日(予定)]
3月6日(日)→ 新宿3/17(木)、武蔵新城3/19(土)
6月5日(日)
9月4日(日)
12月4日(日)